7000円以上で送料無料 新規会員登録バナー ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

amazonプライム会員キャンペーン

人気ブランド

はじめてのバッチフラワーレメディ

フラワーエッセンス

スピリチュアル雑貨

アロマオイル

ヘルスケア・スキンケア

ペットケア

商品一覧を見る

店長のごあいさつとお店誕生ストーリー

フラワーレメディの卸売販売

Paid 締め支払対応中

 
スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml
スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml
スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml

※メイン画像をクリックすると大きく表示されます

スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml すぐに購入

優柔不断でなかなか決められない、気分にむらのある方に。決断力を回復し、感情の落ち着きを取りもどしてくれるフラワーエッセンスです。気まぐれ、気分屋のペットにも。

商品コード ff28
商品名 スクレランサス(決断力)《バッチフラワーレメディ》10ml
ブランド名 バッチフラワーレメディ
容量 10ml
原材料 植物性グリセリン(80%)、水、フラワーエッセンス(※砂糖不使用・アルコール不使用)
原産地 英国
製造元 英国バッチセンタ―
保存方法
販売価格 2,700 円(税抜 2,500 円)
ショッピングポイント:27pt
数量 残りあと7個
 

買い物かごに入れる

商品概要

優柔不断な心を落ち着かせ、決断力をつけるフラワーエッセンス。些細なことでも2つの選択肢で揺れ動いて決断することができない時、揺れる心を安定させ、気持ちを集中させて、心で感じたことを重視して決断できるようになります。広い視野で迷いなく、臨機応変に素早く決断できるので、どのような状況でも落ち着いて対応できるようになります。揺れへの対処という意味で、乗り物酔いの防止にも使われます。 ※バッチフラワーレメディの人間用とペット用は、容器、内容物ともに全く同じものになります。 <ペット用> 気まぐれ、気分屋、優柔不断なペットに、集中力と決断力を与えるフラワーエッセンス。お気に入りの場所が定まらず、常にウロウロしていたり、一緒に遊んでとせがんだと思ったらすぐ気が変わって別の行動をしたりするような時に。感情のアップダウンを和らげ、安定した気持ちを取り戻します。揺れへの対処という意味で、乗り物酔いにも使われます。※バッチフラワーレメディの人間用とペット用は、容器、内容物ともに全く同じものになります。

こんなあなたにおすすめです!

  • 優柔不断で常に気持ちが揺れ動く
  • 集中力や一貫性がない

特長とメリット

  • 揺れる心を落ち着かせる
  • 集中力と判断力がつく
  • 広い視野で臨機応変に対応できる
  • 優柔不断がなくなる

商品の使い方

バッチフラワーレメディ(38種類のフラワーエッセンス)は1回2滴、レスキューレメディやレスキューナイトなどのレスキューシリーズ(ブレンドエッセンス)は1回4滴が用量の目安です。利用頻度は1日3回?4回程度が目安ですが、状態に合わせてご自身でご判断いただけます。緊張する場面や緊急時はレスキューレメディを高い頻度でご利用いただくことをおすすめしています。またバッチフラワーレメディは6?7種類まで組み合わせて(ブレンドして)使うことができます。(その場合、レスキューレメディも1種類としてカウントします。)

<ペット用>
飲水やごはんなどにバッチフラワーレメディ(38種類のフラワーエッセンス)は1回2滴、レスキューレメディやレスキューナイトなどのレスキューシリーズ(ブレンドエッセンス)は1回4滴が用量の目安です。 利用頻度は1日3回〜4回程度が目安です。飲水に入れる際、一度に飲みきらない場合は多めに入れるようにします。またバッチフラワーレメディは6〜7種類まで組み合わせて(ブレンドして)使うことができます。 (その場合、レスキューレメディも1種類としてカウントします。) 口に直接垂らしてあげる場合は、スポイトの先が口についたり、かじったりしないようにご注意ください。レメディを直接摂ることができない場合は、ペットのよく舐める箇所に塗るか、唇、鼻、肉球、耳の後ろなどに塗ってあげましょう。



開発者の一言アドバイス

不安定さを克服するには、決断力を向上させ、揺れたりふらふらすることなく、確信をもって事に立ち向かうことです。

セラピストの一言アドバイス

ペット用としては、気まぐれな子、優柔不断な子、意味がわかりくいボディランゲージを示す子に・・・。例えば、さっきまで仲良くしてたのに急に唸ったり、一休みする場所をなかなか決められずにあちこち移動したり・・・。飼い主さんが優柔不断で、時間を無駄に使う習性があったり、気持ちに浮き沈みが激しいと、ペットも同調して飼い主さんの状態に振り回されてしまう事があります。心当たりありませんか?

店長の一言アドバイス

どちらに進めばいいかわからない時、他人のアドバイスにばかりに頼るセラトー派とは対照的に、スクレランサス派は迷っていることを人に相談しないので、自分の中で解決できずに揺れ動いたままでいます。スクレランサスは、揺れ動く気持ちを手放して、どちらかに「決断」をする力を与えてくれます。また揺れへの対処という意味で、船酔いや乗り物酔い防止にもよく使われています。旅行に行く時にレスキューレメディなどとともに携帯するのもオススメです。ペット用としては、どちらに進めばいいかわからず心が揺れ動き、適切な決断を素早く出来ない時、迷っている間にチャンスを逃してしまったり、気持ちがころころ変わってつらくなることがあります。スクレランサスはそんな時に「決断」する力を与えます。直感的に確信を持って行動するようになったり、行動の優先順位や新しい可能性を見つけていくようになります。また、乗り物酔いで使うときは「レスキューレメディ」との併用もおすすめです。

お客様の声

レビュー件数:5

評価

2021/06/24

なっちゃんさん

決断して前に進まなくては!の思いから飲み始めましたが、ホーンビームと同じく、よく分からないまま飲み終えてしまいました。タイミングがあるのかな?と思います。

評価

2016/05/17

Rinさん

セラトーは効かなかったので、乗り物酔いもあるのでこちらに変えてみました。効果があるといいなぁと思いながら飲んでいます。

評価

2016/05/16

井垣ヒデコさん

決断力、決意を飲ませていただきました。寝つきが良くなり喜んでいます。今心も楽になってこれから変わっていくのが楽しみです。有難うございました。

評価

2014/08/13

まみさん

子供の乗り物酔いがかなりよくなってきたものの、まだ心理的に不安定なので、水筒の飲み物にスクレランサスを垂らして持たせました。
乗り物酔いの薬を少なくして、しばらくスクレランサスにしていますが
まったく車酔いしないときもでてきたので続けようと思います。

評価

2014/06/07

mikuさん

小さい頃のトラウマもあり、息子は他の家族が感じない小さな揺れにも敏感に反応します。(車が通った際の振動、震度1程度の地震など)
特に最近、揺れが酷くて熟睡できないと訴えることが多くなったので、スクレランサスを試しました。
飲み始めて2〜3日で効果がでました。熟睡できるようになったので寝起きが良くなり助かりました。

1件〜5件 (全 5件)


商品レビューにはショッピングポイントをプレゼント!

レビューはどなたでも投稿できます。投稿フォームよりお名前またはニックネームと商品についてのコメント、評点を投稿して下さい。ご投稿いただいた商品レビューを確認の上で、会員の方には1件につき100ptを贈呈します。また購入の際の参考になる商品についてわかりやすいレビューコメントをしてくれた方には、ボーナスポイントを100pt〜400pt追加提供します。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

レビューを書く

よくある質問

アルコールタイプのバッチフラワーレメディは車の運転前に飲んでも大丈夫でしょうか?

レメディに含まれているアルコールは保存料です。また一度に摂取するレメディは数滴のため、アルコール量は微量となります。しかしながら車などの運転がご心配の場合は、アルコールベースではなくグリセリンベースのレメディをご利用ください。

お茶に入れても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。お茶やハーブティーに入れて飲むこともできます。また、温かいお茶、冷たいお茶を問わずお飲み頂けます。

グリセリンベースとアルコールベースは1本それぞれどれくらいで飲み終わりますか?

38種類のフラワーエッセンスの場合、1回2滴、1日3回〜4回程度が目安となります。1回2滴を1日4回摂取した場合、10ml(グリセリンベース)は約2週間分、20ml(アルコールベース)は約4週間分となります。レスキューレメディは、1回4滴、1日3回〜4回程度が目安となります。1回4滴を1日4回摂取した場合、10ml(グリセリンベース)は約1週間分です。20ml(アルコールベース)は約2週間分となります。

ストックボトルと希釈したトリートメントボトルで飲むのは、効果に差が出ますか?

ストックボトルから飲む場合、保存料のグリセリン自体が濃さをイメージさせてしまうことがあるかもしれませんが、ガイドラインに沿って希釈したトリートメントボトルから飲む場合も、どちらも効果や速度に違いはありません。また、トリートメントボトルの容量が違えば濃度が変わるということは事実ですが、効果が薄まるということではありません。これはバッチ博士の功績を継承するバッチセンターのガイドラインに基づくもので、実際にトリートメントボトルの使い方も、30mlのトリートメントボトルにミネラルウォーターを入れて、レメディを各2滴ずつ入れて希釈することと紹介されています。 容量の少ないボトルについては、早めに使い切れるので品質の劣化を最小限に留めることが出来ることや、小さくて軽いので持ち運びがしやすい、小さなバックにでも入れることが出来るなどのメリットがありますので、ご自身のライフスタイルに合ったものを選ばれては如何でしょうか。

トラウマが多く、人を羨ましく思ってしまいます。どのレメディを選べばいいですか?

トラウマが多く、人を羨ましく思ってしまいます。どのレメディを選べばいいですか?まず、トラウマが多いとのことですので、過去のショックや苦痛を癒すスターオブベツレヘムをおすすめします。これは肉体的・精神的などあらゆるショックに対応するレメディで、出来事の直後に飲むこともできますが、長い年月が経ってから現れた感情にも使うことができます。また、人を羨ましく思い愚痴が多くなるときにはウィローをおすすめします。これは他人の成功や幸せが受け入れられず、自分が不幸なのは人のせいだと考えてしまう人のレメディです。

トリートメントボトルって何ですか?

お店で販売されているレメディの入っているボトルをストックボトルと言います。そして、必要なレメディを選んで、青や茶色の遮光瓶に混合したもの(レメディは7種類まで入れることができます)がトリートメントボトルです。ボトルはガラス製で煮沸消毒することで繰り返し使用できます。数種類のレメディをストックボトルからトリートメントボトルに入れ、ミネラルウォーターで希釈して飲みますので、問題解決時、一定期間利用するときに経済的に便利です。※希釈したトリートメントボトルは、早めに使い切ってください。

バッチフラワーレメディとはどのようなものですか?

バッチフラワーレメディとは、イギリスの医師で細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって完成された、心のバランスを整えるシンプルな癒しのシステムです。38種類のレメディは自生する草花や植物のエネルギーを水に転写させたもので、1種類は天然の湧水から作られていています。レメディを飲むことによりそのエネルギーが感情面に働きかけ、本来の自分の在るべき心のバランスを取り戻し、心身ともに健やかでいられるようにサポートしてくれます。

バッチフラワーレメディの飲み方を教えてください。

バッチフラワーレメディの飲み方の基本は、38種類のフラワーエッセンスは1回2滴、レスキューレメディやレスキューナイトなどのレスキューシリーズ(ブレンドエッセンス)は1回4滴が用量の目安です。利用頻度は1日3回〜4回程度が目安ですが、状態に合わせてご自身でご判断いただけます。緊張する場面や緊急時はレスキューレメディを高い頻度でご利用いただくことをおすすめしています。ポイントとしては、飲む量を増やすのではなく、飲む回数を増やすほうが効果的です。飲むタイミングは起床時、就寝時が一番効果的と言われています。

バッチフラワーレメディはどのような年齢の方が対象ですか?

バッチフラワーレメディは薬ではありませんので、副作用・常習性・依存性がないため、赤ちゃんからお年寄りまで、年齢も男女も問わず幅広くご利用頂けます。(バッチフラワーレメディは日本国内では食品として認可を受けています)

バッチフラワーレメディはどんな味がしますか?

バッチフラワーレメディ自体には、水と同じで味がありません。日本で販売されているレメディにシロップのような甘い味がするのは、保存料として使われている食用グリセリン(植物グリセリン)の味です。 アルコールベースのバッチフラワーレメディには保存料にブランデーが使われています。アルコールが苦手な方は、グリセリンベースをご利用ください。

バッチフラワーレメディはどんな香りがしますか?

バッチフラワーレメディ自体に香りはありません。水を張ったボウルに花を浮かべて太陽光を当てたり(太陽法)、煮沸すること(煮沸法)によって作られたエッセンスで、飲んで感情面に働きかけることを目的としております。アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルなどのように芳香が癒しをもたらすものではありません。

バッチフラワーレメディは身体への効果はありますか?

薬で言うところの「頭痛にはアスピリン」というように生化学的な作用はフラワーエッセンスにはありません。しかし、私たちの身体が体験する経験に対して影響を与えます。たとえば、働き過ぎの人が、なぜそれほどの疲労にいたったのかを発見することで、その感情的ストレスを解放するように助けるバッチフラワーレメディを選んで服用すれば、結果として身体の緊張を緩めることができます。 バッチフラワーレメディは、病気に対する感情的な反応に対して用いられることにより、病気という現象をつくり出すことに貢献したと思われる、心の底に横たわる葛藤や緊張と取り組むことによって、病気に悩む人を助けることができます。しかし、バッチフラワーレメディが特定の病気を治すことはありません。むしろ特定の身体症状ではなく、精神的、感情的な根本の問題に沿って選択していきましょう。

フラワーエッセンスを炭酸水に入れて飲むのは、なぜよくないのでしょうか?

バッチ博士の功績を継承するバッチセンターは、炭酸水に入れて飲んでも問題ないと回答しています。しかしながら、エネルギーの波動という観点から見ますと、炭酸水の場合、波動が壊れてしまい上手く伝わらないと言われております。ですので、花のエネルギーを一番に生かす方法としては、ミネラルウォーターがおすすめです。

ペット用バッチフラワーレメディと人間用のバッチフラワーレメディの商品の違いはありますか?

ペット用バッチフラワーレメディと人間用のバッチフラワーレメディ(グリセリンベース)は内容的には全く同じものです。人間用、ペット用それぞれ商品概要で解説されています。ただし、衛生面を考慮してペットと同じボトルのエッセンスを共有することはお控えください。

レスキュースプレーは1回につき何回スプレーするとよいですか?

スプレーの場合、1回当たり2〜4回スプレーしてお飲み下さい。飲む時間や回数に特に決まりはありませんが、1日に4回以上が理想的です。あくまで目安なので、回数などはご自身の直感で決めて構いません。飲む量を増やすのではなく、飲む回数を増やすほうが効果的な使い方になります。

レスキューナイトスプレーは昼間に飲んでも大丈夫ですか?

レスキューナイトは、レスキューレメディ(インパチエンス、クレマチス、チェリープラム、ロックローズ、スターオブベツレヘムの5つを調合した緊急用のレメディ)に、ホワイトチェストナット(静謐)を加えて、夜に特化しています。ホワイトチェストナット(静謐)は、頭の中であれこれ考えてしまう「ぐるぐる思考」の方に、頭から離れない心配事を打ち消してくれるフラワーエッセンスですので、悩みごとや心配ごとが頭から離れず眠れない時に気になることを何もかも忘れてぐっすり眠れるよう導きます。 そのため、レスキューナイトは夜にお使い頂くのがベストですが、日中にお使い頂いても問題ありません。昼はレスキューレメディ、夜はレスキューナイトの組み合わせもお勧めです。レスキューナイトスプレーを枕元に置いておき、なかなか眠れないときに何度かお飲み下さい。量を増やすより回数を増やすのがポイントです。途中で起きてしまった時などもスプレーをシュシュとお口に入れてお飲み下さい。

一つの事を考え始めると他の事を全く忘れてしまうのですが、適したレメディは?

お問い合わせ頂いた内容だけで判断するのは難しいのですが、この状況の時にあなたがどんな感情を抱くかを考えてみて下さい。軽く落ち込むくらいでしたらゲンチアナ、何度も何度も同じ失敗を繰り返す場合にはチェストナットバット、失敗してしまった自分を責めてしまう時にはパイン、何かをしようとするたびに失敗してしまうのではないかと不安で行動できなくなるような場合にはミムラスがおすすめです。感情を見つめてレメディを選択するところから改善は始まっていると言われます。是非試してみて下さい。

効果が感じられない場合、何が原因ですか?

いくつか原因が考えられます。よくあるのは、回数が足りない場合です。トリートメントボトルから飲む場合は、1日に最低でも4回以上(朝起きた時、夜寝る前、日中2回を目安に)お飲み下さい。飲みたい時は、少し時間の間隔をあけて頻繁にお飲み頂いても大丈夫です。飲み物に入れて飲む場合には、必要量を確保するために、その飲み物はすべて飲みきるようにしましょう。 また、感情に合っていないレメディを飲んでも変化は感じられません。その場合は選び直します。ご自身では変化が感じられなくても、周囲はあなたの変化に気づくことがあります。周りの方のご意見を参考にしてみるのもいいでしょう。また、大きな変化や急激な変化を期待していると、小さな変化に気がつかないこともあります。個人差はありますが、バッチフラワーレメディの変化は穏やかに訪れます。特に最初は、2〜3週間程度様子をみてください。

変化が感じられるまで、どのくらいの期間飲む必要がありますか?

どのくらいの期間で変化が現れるかは人によって、あるいはその感情を抱いていた期間によっても違いますので、どのくらいの期間飲めば良いかは一概には言えません。2〜3週間を目安として飲んでいただいて、レメディの内容を見直すと良いでしょう。同じ組み合わせのものを続ける必要があるか、他のレメディを飲むか、またはもうレメディを飲む必要がないと感じるかもしれません。一般的に、一時的な感情は比較的早く気持ちが落ち着きますが、長い間抱えてきた問題は、時間がかかることが多いようです。

子供にフラワーエッセンスを与えたいのですが、お薦めの使い方はありますか?

液状のフラワーエッセンスを飲みにくい小さなお子様には、バッチフラワーレメディのレスキュークリームなどクリームやオイルのタイプがおすすめです。こめかみ辺りや耳の後ろなどお子様が舐めない箇所に塗ってあげて下さい。

小1の息子の夜尿に良いバッチフラワーレメディはありますか?

おねしょや夜尿症は精神的な面にその原因が隠れていることもありますので、バッチフラワーレメディが大いに助けになることでしょう。そしてお子様だけの問題と捉えず、お子様とご両親・保護者の気持を考えてみる必要があります。親御さんにとってお子様の成長や発達はとても心配で、おねしょが中々治らないと我が子は大丈夫なのか?と不安を抱くことでしょう。その不安や焦りから、知らず知らずのうちにお子様を責めたり、おねしょをしてはいけないとプレッシャーを与えたりすることがあります。それは言葉だけではなく、汚れたシーツやパジャマを毎日洗濯する煩わしさかもしれませんし、悩んでため息をついている姿からかもしれません。一方のお子様も、決してしたくておねしょをしているわけではないでしょうし、親を困らせようという思いもなく、出来れば早く治したいと思っているはずです。ですが、してはいけないことだ、恥ずかしいことだ、悪いことだと強く思うことがストレスとなり、思えば思う程おねしょをしてしまうのです。 おすすめのレメディですが、アスペンとロックローズです。子どものうちは不安や恐怖がどこからくるものなのか理解ができず、心のパニック状況が症状(おねしょ)となって現れることがあるからです。アスペンの漠然とした不安が、「おねしょをしたらどうしよう」という不安に変わるとミムラスがおすすめですし、おねしょをした自分を責める場合にはパインを、「またおねしょをしてしまった」と落ち込む場合にはゲンチアナをおすすめします。小1とのことで環境の変化に対してウォルナットも助けになるかもしれません。親の愛情を独占したい、気を引きたいという思いからチコリーを選ぶこともあります。 また、「うちの子はどこか悪いのではないか?このままではもっと深刻な病気になってしまうのではないか?」と子どもを愛するがうえに心配し過ぎる親御さんには、レッドチェストナットをおすすめします。

現在臨月でもうすぐ出産なのですが、出産時におすすめのレメディはどれですか?

ご出産の為にお使い頂くと致しましたら、痛みが軽減し、緊張状態からリラックスに導く「レスキューレメディ」がおすすめです。他にもミムラスやロックローズは不安を軽減してくれますし、バーベインやインパチェンスも体をリラックスさせる助けとなります。

病院でもらった薬を飲んでいます。バッチフラワーレメディは他の療法との併用はできますか?

バッチフラワーレメディは薬ではありませんので、薬との飲み合わせは全く問題ありません。現在服用されている薬やビタミン剤などをやめる必要はなく、同時に飲んで頂くことが出来ます。副作用や常習性もありませんので安心してお飲み下さい。もちろん他の療法との併用も可能ですが、薬の代わりに治療を促すものではありませんので、ご注意ください。しかしながら、感情のバランスが整うことで、他の治療や療法の効果を引き出し、相乗効果が期待されています。

赤ちゃんにはどのように使用すると良いでしょうか?

レメディの用量は、大人の場合と同じく1回2滴(レスキューレメディの場合は4滴)です。一般的には、湯冷ましでうすめたものを、水やミルク、ジュースと一緒に飲ませますが、母乳を与えている場合には、母親が摂ることで赤ちゃんにも伝わります。また、寝る前の沐浴にレスキューレメディを入れるという方法もあります。また夜泣きしている最中など、口から与えられない場合には、唇につけたり手首や耳の後ろにすり込んだりします。飲むタイプではないレスキュークリームもご活用ください。

鬱とパニック障害の薬を減らしたいのですが、レスキューレメディの他に良いものはありませんか?

バッチフラワーレメディは、薬の代わりに治療を促すものではありませんが、病気を引き起こしたり悪化させる否定的な感情に働きかけますので、治療と併用することで総じて良い結果をもたらすことがありますが、今お飲みの薬を減らしたい場合は、必ずかかりつけの医師の指示を仰ぐようにしてください。バッチフラワーレメディは薬をお飲みになっている方でも、全く問題なく併用してお飲み頂くことができますので、是非お続けになってみて下さい。レスキューレメディは、急な不安や緊張など緊急時に役立つレメディですので、必要だと感じた時にはいつでもお飲み頂いて結構です。 まず、うつについてですが、明白な理由もなく突然憂鬱な状態に陥るようなうつ状態に対してはマスタードが、他人を疑ったりという否定的なものの見方から心が憂鬱になる状態でしたらゲンチアナがおすすめです。また、パニックが起きたときにはロックローズが、被害妄想など否定的なものの見方にはウィローが助けになります。感情の浮き沈みが激しいうつ状態を経験したり、不安を多く抱えている状態は心だけでなく体も疲弊してしまいます。理由が明確な不安にはミムラスを、絶えず望まない考えに振り回されて疲れてしまう状態にはホワイトチェストナットを飲むことで、睡眠時間も整い生活のバランスが保てるようになります。


商品ラインナップ

バッチフラワーレメディ


バッチ博士が作った世界で一番売れているフラワーエッセンス

バッチフラワーレメディは、1936年にエドワード・バッチ博士により開発されたフラワーエッセンスです。38種のバッチフラワーレメディの中から、今の自分の"心の状態"または、性格や性質などの"個性"に合う1〜7種類を選びましょう。早い方なら1〜3日、遅い方でも数週間程度で心のバランスが取れてきたと実感でき、「ラクな気分」になれます。副作用や依存性のない自然療法で、元気を取りもどしましょう。

  • レスキューレメディ関連
    バッチフラワーレメディの中でも一番有名で、一番売れているのがレスキューレメディ。「特に重大で、緊急な事態のために」とバッチ博士が5つのフラワーエッセンスをブレンドしました。「緊急・パニック・ショック」の時の心のケアに。スプレー、クリーム、キャンディーなど様々な商品ラインアップが愛されています。
  • バッチフラワーレメディ グリセリンベース
    バッチフラワーレメディは、植物の力を借りて、ネガティブな感情および体調を整える「自然療法」です。イギリスの高名な医師バッチ博士によって1935年に考案され、長年世界中で愛されつづけてきたフラワーエッセンスの老舗ブランドです。 平日13時までにご注文をいただけましたら即日発送いたします。またご自分に合うエッセンスを無料で診断できる陰陽五行性格診断も大変好評です。
    ペット用バッチフラワーレメディもこちらからお買い求めください。ペットが持つ性格、感情、行動や仕草、また過去に起こった出来事などをヒントに、必要と思うエッセンスを選んであげてください。もちろんすべてペットが舐めてもOKな自然素材のフラワーエッセンスです。
  • バッチフラワーレメディ アルコールベース(20ml)
    ネルソンバッチ社によって製造される、上質なブランデーベースのバッチフラワーレメディです。エドワード・バッチ博士の残した伝統製法を忠実に再現したワールドスタンダード商品で正規純製品ですので、安心してお使いいただけます

この商品を買った人はこちらも買っています

ランキング

このページの先頭へ

フラワーエッセンスはホリスティック療法の一つとして広く認知されていますが、効果・効能には個人差があります。予めご了承ください。
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコールベースのフラワーエッセンスのご購入は20才以上の方に限らせていただきます。




パークフィールド

フラワーレメディ

文責者:林 将彦(パークフィールド株式会社 代表)
記事監修:近藤 英司(代替医療カウンセラー・臨床心理学士)

Copyright (C) フラワーレメディ All Rights Reserved.